本文へジャンプ

演舞太鼓

Enbu-Daiko

program

舞散る
赤穂浪士大石主税・享年16歳。彼は「もう一度母に会いたい」
という思いを辞世の句に込めたといわれています。
そんな彼の儚くも勇敢な姿をイメージした曲です。

Playing Video Dijest

https://youtu.be/iIYiJrMKdi4


Mother
子供を授かってからその子が独り立ちするまでのスパンを
強い母のイメージで表現。フラメンコ風な曲です。

颯爽
太鼓のリズムと篠笛のメロディーの一体感が気持ち良い曲です。
軽快なテンポが特徴です。

川越舟唄
尺八で奏でる川越の民謡「川越舟唄」に盆太鼓をコラボさせた曲です。前半の曲打ちから後半は回し打ちとなり盛り上がります。
寿獅子
お正月のイベントや披露宴など、おめでたい席では獅子舞が喜ばれます。
演技の途中、獅子がお客様の頭を噛んでまわり、健康と幸運をお届けいたします。




 

ストレートライン
篠笛とのコラボ曲。
揃い打ち、セット打ちソロ、大太鼓共にスピード感あります。
エチュード
即興演奏。基本は斜め打ちと担ぎ桶での演奏です。
Stick Step Stomp
某劇団のストンプシーンの為に書いた曲を締太鼓と桶胴で演奏します。
ストンプではありませんがストンプ風、そしてカジュアルな曲です。
フルスロットル
締太鼓と中太鼓の掛合で賑やかな曲です。
中盤にある締太鼓2丁の掛合はお囃子の「玉」をイメージしています。
灼熱
締太鼓と桶胴セットのリズムが特徴的な曲です。
真夏の激しい暑さを表現します。